リビングが暮らしの中心へ

65歳からのすまいで、家の場所ごとに

考えておくと良い内容について触れていきます。

4回目はリビングについて です。

65歳からのすまいは部屋の持つ役割も変わります。

その最たるものが、リビングです。

家族が増えていく段階では、普段は各自の部屋が生活の中心で

皆が集まる場というのがリビングの役割になります。

それに対して家族が独立したあとの老後のすまいでは

そこでの生活が中心になります。

今回は、65歳からのリビングの見直しについて触れさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です