IoT化の具体例①

入浴中の事故死は冬季に多く、東京都の推計によると

12月から2月の間に全体の約5割が発生しています。

冬場は、入浴中の急激な体温上昇「ヒートショック」で心肺停止状態に陥り、

亡くなる方が増えてくるためと言われています。

その中で、浴槽内で心肺停止になり溺れる溺水事故も多いと言われています。

浴槽での溺水を防ぐためにIoTを取り入れたマンションの例を見つけました。

浴槽内で体動を検知し、異常時には排水機能を持つセンサー技術を使っているそうです。

実物を見たいなあと思いましたが、既に入居者募集も終わっていました。

シニアアップデートマンション Life Care Suita ホームページ

https://senior-update.com/

シニアアップデートマンションの浴槽自動排水についてのご案内動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です