在宅サービスに対応した住宅を考えるヒント(案)

先日、自宅で最期まで生活したいという方のお話を聴きました。在宅サービスを受けるために、今の住まいをどのようにすればよいかイメージが沸かないとのことでした。地域包括支援センターに相談するのが一番なのですが、イメージを持つためのヒントは国土交通省でも準備しているようです。

高齢者、障害者等の住宅セーフティネットの充実(国土交通省HP)

この中で在宅サービスに対応した住宅を考えるヒントとしてPDFが添付されています。

まずはこれを見てから専門家に相談すると良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です